弁理士試験対策「短答合格のための解法テクニック講座」申込受付中!

2010年06月20日

弁理士試験突破!望ゼミに関するQ&A


質問

望ゼミへの参加を検討中です。
スケジュール等はサイトで公開されていますが、具体的にどんなふうにゼミが進行されるのか良く分かりません。
予習等も必要なのでしょうか?

講師陣からの回答
望ゼミでは、大手受験予備校のような放送型(一方的な)授業は行いません。
ゼミ員の皆さんには、ゼミの進行に合わせて予習・復習する時間を各自で必ず確保することをお願いします。
予め、毎回、進行する範囲をお知らせします。
ですから、ゼミ当日までに該当する範囲の青本や参考書等を通読して来てもらいます。
そして、ゼミでは、どこが不可欠で、どこが重要でないか、メリハリを付けて指摘・解説します。
その際、講師陣が自分の経験で編み出したノウハウを、特別に作成した資料と共にお伝えしたいと思います。
ゼミは、講師が一方的に進めるものではありません。ゼミ参加者の皆さんと講師が協力して効率よく進めることが必要です。
事前に行われる説明会にて、参加者の皆さんの意見を聞きながら具体的なゼミの進行方法についてお話したいと思っています。



質問

望ゼミは、「全員参加ディスカッション形式」のゼミということですが、具体的にはどういう形でディスカッションに参加するんでしょうか?
まだ勉強期間も短く、講師に指名されても答える自信がありません。

講師陣からの回答
望ゼミの「全員参加ディスカッション形式」は、いわば講師とゼミ員が対等の立場で自由に発言しながら、ゼミ員全員の理解を深めてゆこうという趣旨です。
ゼミ員の学力を試すために質問するのではないため、自分のレベルを心配する必要なんかぜんぜんありません。
最初のうちは自分では発言できなくても、人の発言を聞いて、「あっ、そうだったのか 」「そういう表現もあるのか 」と必ず勉強になるはずです。
毎回、進行範囲を指定しますから、青本や基本書等のどこが大切な記載なのかという意識を強くもって予習をしてください。
それが、理解を深めると同時に、自分が理解できたことを発言する口述力の向上に必ずつながるはずですから。


posted by 望ゼミ at 23:38 | Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
おすすめリンク集
kenja_banner.jpg ←望ゼミの伊藤由里講師が出演している回があります。
「賢者の選択Leaders」HPの「賢者データベース」より探して下さい。
aicon_112.gif 弁理士試験コミュニティ aicon_112.gif 弁理士試験速報ステーション aicon_112.gif 特許業界・知的財産業界情報トップス
aicon_112.gif 弁理士試験ニュース(ブログTwitter)
特許庁HPより弁理士試験関連記事
特許庁(特許庁HP) 弁理士試験の案内(特許庁HP) 弁理士試験に関するQ&A(特許庁HP)



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。