弁理士試験対策「短答合格のための解法テクニック講座」申込受付中!

2014年09月08日

2015年度弁理士試験対策「総合実戦ゼミ2015」

sougoujissen2015.jpg

イントロダクション
 望ゼミでは、秋に総合対策ゼミを行います。これは短答式試験と論文式試験を一気に合格するための超実戦的ゼミです。このゼミはアカデミックな観念的でアカデミックな学習が目的ではなく、合格という結果に一気に近づくことを目的とするものです。


短答式試験対策ゼミ
 平成26年弁理士試験短答式試験は、一般受験者4,585名が受験し、合格者は550(11.8%)と、平成25年に引き続きて狭き門となりました。一方、問題自体は決して難易度は高くありません。学習アプローチさえ適切なものであれば誰でも合格できます。けれども短答式試験に失敗する人の勉強内容を検討すると、知識の収集に重点を置いた平面的な学習が目立ちます。
 短答式試験対策は、工業所有権法の理解において、表面的な理解や余剰な知識の収集ではなく、短答式試験で40点以上とるのに必要な学習を行うものです。そこには、短答式問題を解くために特化した条文理解が必要です。これには短答式試験が不得意である人に欠けていることが多い事項を集約します。例えば、条文と事案の認識に時間的要素を加えた4次元的な理解、条文間のリンクを自在にする5次元的な学習も含まれます。
 なお、望ゼミが独自に開発したテキストを利用しながら、短答式試験に合格するためのテクニックを集中的に学習します。

【1】単に条文の趣旨や表面上の意味を覚える2次元、3次元的な勉強は、却って短答式試験の合格を遅らせる。
【2】短答式試験に特化した「条文操作」を学習する。
【3】枝に条文を的確に「当てはめ」ることができるようになるという視点からの要件・効果の理解を修得する。
【4】できる限り、シンプルな勉強で確実に短答式試験を突破する。
【5】改正法は詳細に学習・理解する。
【6】苦手な科目をつくらない。


論文試験対策ゼミ
 論文式試験対策ゼミでは、「弁理士試験合格論文ガイドブック」の著者である望月(平成21年・22年弁理士試験委員)・小松両講師により、ゼミ参加者全員に対して、弁理士試験本試験で合格論文と評価される答案を作成することができる実力を指導・養成します。

【1】合格論文の書き方について過去問分析を通じて伝授
【2】計4回の重要論点演習に加えて、2回の総合答案練習会
【3】判例の論証作成方法も伝授


対象者
初級者〜中級者
・受験機関である程度の勉強をしたが、短答式試験に今一歩実力が及ばない人
・一通り条文の内容を学習した程度で、来年最終合格を果たしたい人
・来年の短答式試験・論文式試験の合格を射程範囲とする中級レベルの人
・短答合格を果たしたものの論文式試験・口述試験のために基本的知識と理解を補強したい人
望ゼミのディスカッション形式とは
 最初から全て討論型ではありません。講師が講義し、ポイント毎に各自の理解度の確認と質問の場を提供するのです。初心者の方も全く気後れすることはないでしょう。望ゼミの講師陣は皆スマートで面白い人ばかりです。直ぐに明るい輪ができ、積極的な会話と笑いが絶えないゼミになるでしょう。時に苦しい受験勉強を一緒に励ましながら乗り切る心強い仲間と絆ができるのも、望ゼミの大きなメリットです。

【詳細】
1. 学習範囲
試験対象となる全範囲(著作権及び不正競争防止法は、短答式試験対策に止まり、論文試験対策は含まれません。)

2. 改正法の解説
来年度の試験範囲をカバーすべく、進行に応じて改正法の解説を行います。

3. 講師
講師全員が協力してゼミの進行・資料の作成を行います。
[短答式試験対策ゼミ]
 土田幸弘弁理士・伊藤由里弁理士・小松正典弁理士、他、望ゼミ著作権専任講師
[論文式試験対策ゼミ]
 望月良次弁理士・小松正典弁理士・土田幸広弁理士


日時
◇短答式試験対策ゼミ(通常) 毎週水曜日19:00〜21:00開催
開催回開催日カリキュラム
第1回11月12日(Wed)特許法
第2回11月19日(Wed)特許法
第3回11月26日(Wed)特許法
第4回12月3日(Wed)特許法
第5回12月10日(Wed)特許法
第6回12月17日(Wed)特許法
第7回1月7日(Wed)特許法
第8回1月14日(Wed)実用新案法
第9回1月21日(Wed)意匠法
第10回1月28日(Wed)意匠法
第11回2月4日(Wed)意匠法
第12回2月11日(Wed)商標法
第13回2月18日(Wed)商標法
第14回2月25日(Wed)商標法
第15回3月4日(Wed)商標法
第16回3月11日(Wed)条約法(パリ)
第17回3月18日(Wed)条約法(パリ)
第18回3月25日(Wed)条約法(PCT)

◇短答式試験対策ゼミ(集中講義) 土曜日10:00〜17:00開催
開催回開催日カリキュラム
第1回1月31日(Sat)条約(PCT他)
第2回2月14日(Sat)著作権
第3回2月28日(Sat)著作権
第4回3月14日(Sat)不正競争防止法

◇論文式試験対策ゼミ(講義・演習) 土曜日13:00〜17:00開催
開催回開催日カリキュラム
第1回11月15日(Sat)合格論文作成方法「総論」(講義)
第2回11月29日(Sat)合格論文作成方法「各論」(講義)
第3回12月6日(Sat)特許法前半演習
第4回12月20日(Sat)特許法後半演習
第5回1月10日(Sat)意匠法演習
第6回1月24日(Sat)商標法演習
第7回2月7日(Sat)一行問題対策/判例問題の論証方法
第8回2月21日(Sat)総合演習1(10:00〜17:00)
第9回3月7日(Sat)総合演習2及び講評(10:00〜17:00)


場所
・青山「こどもの城ホテル研修室」
 渋谷区青山劇場隣接(渋谷駅徒歩10分)
 会場HP*http://www.kodomono-shiro.jp/access/

・渋谷区商工会館
 会場HP*http://www.city.shibuya.tokyo.jp/est/shoko.html

・SIビル会議室
 会場HP*http://www.kasikaigisitusibuya.com/access.html

※会場スケジュールはお申し込み頂いた方に別途メールでご連絡します。


講師
望月良次 弁理士(平成21,22年弁理士試験委員)
小松正典 弁理士
土田幸広 弁理士
伊藤由里 弁理士


受講料
短答式試験対策ゼミ及び論文式試験対策ゼミの一括受講 125,000円
論文式試験ゼミのみ(短答式試験合格免除者)受講 70,000円


定員
定員30名とします。
定員数に達し次第、募集を打ち切りますのでご了承ください。


教材
青本=工業所有権法(産業財産権法)逐条解説(第19版)
条文集
望ゼミオリジナルテキスト
論証及び判例・その他のレジュメ

本ゼミを受講された方に限り、ゼミで学習された内容に関するご質問につきましては、ウェブ上、もしくはメールにより講師とフリーでアドバイスを受けることができます。ご活用ください。


この講座は終了しました。



ブログランキング参加中です!
励みになりますので、クリック応援お願いします(^-^*)
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へ
にほんブログ村

posted by 望ゼミ at 23:50 | TrackBack(0) | 講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/405093238

この記事へのトラックバック
おすすめリンク集
kenja_banner.jpg ←望ゼミの伊藤由里講師が出演している回があります。
「賢者の選択Leaders」HPの「賢者データベース」より探して下さい。
aicon_112.gif 弁理士試験コミュニティ aicon_112.gif 弁理士試験速報ステーション aicon_112.gif 特許業界・知的財産業界情報トップス
aicon_112.gif 弁理士試験ニュース(ブログTwitter)
特許庁HPより弁理士試験関連記事
特許庁(特許庁HP) 弁理士試験の案内(特許庁HP) 弁理士試験に関するQ&A(特許庁HP)



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。