弁理士試験対策「短答合格のための解法テクニック講座」申込受付中!

2010年09月29日

「不正競争防止法2010」ゼミ




講師からのメッセージ
短答試験では、不正競争防止法からは5,6問が出題されます。これは、不正競争防止法がマイナーな科目であることを意味していません。不正競争防止法が苦手な受験生がほとんどであるため、この5,6点が短答の合否を左右しています。
  不正競争防止法は、条文の数が少ないのに、抽象的な内容が多いため、独学でマスターすることがなかなか難しい科目です。
それと同時に、不正競争防止法には、あまり多くの時間を割くことができないのが受験生の本音でしょう。
本ゼミでは、法律の全体像を理解した上で、抽象的な不正競争行為を具体的な事例として理解できるよう解説します。そして、本試験では判例を素材とした事案が出題されることから、オリジナルレジュメに基づいて、主要な判例の論点を整理・解説します。
本ゼミは、たった2日間ですが、短答はもちろん、論文にも必ず役に立つ内容です。


日程
11月27日/12月4日(土)全2回
13:30〜16:30
※当初、10月後半の開催を予定・告知しておりましたが、講師のスケジュールが合わず、11月27日,12月4日となりました。ご了承ください。

定員
20名

費用
9,800円(望ゼミ生は割引あり)

資料
オリジナルレジュメ(条文編・判例編)
不正競争防止法テキストサンプル.pdf

場所
渋谷駅途歩5分圏内

講師
弁理士 小松正典
(法学書院「法律用語辞典」不正競争防止法担当)



望ゼミは、一方通行型の講義スタイルは採用せず、受講生の皆さんに、弁理士試験を最短で合格していただくための最も効果のあるシステムとしてディスカッション形式でゼミを行います。このため、本ゼミ中は、講師だけではなく、他の受講生の方の発言も多々あるため、受講生の方であっても録音も堅くお断りさせていただきますので御了承ください。同様の理由で、ストリーミング等の通信型講義も一切行いませんので、併せて御了承ください。

本ゼミを受講された方に限り、ゼミで学習された内容に関するご質問につきましては、ウェブ上、もしくはメールにより講師がアドバイスします。ご活用ください。



posted by 望ゼミ at 00:17 | 講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
おすすめリンク集
kenja_banner.jpg ←望ゼミの伊藤由里講師が出演している回があります。
「賢者の選択Leaders」HPの「賢者データベース」より探して下さい。
aicon_112.gif 弁理士試験コミュニティ aicon_112.gif 弁理士試験速報ステーション aicon_112.gif 特許業界・知的財産業界情報トップス
aicon_112.gif 弁理士試験ニュース(ブログTwitter)
特許庁HPより弁理士試験関連記事
特許庁(特許庁HP) 弁理士試験の案内(特許庁HP) 弁理士試験に関するQ&A(特許庁HP)



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。